さけログ

大学院にて言語学をしてみむとてすなり。談話分析、認知文法、言語運用、色んなものを半かじり

ツイッターの利点

 

ツイッターを更新しないようになってから3か月程経つ。

使わないようになってから思うのは、

ツイッターって結構自分の感情の吐き出し口になってたんだなあということ。

 

ふと思ったくだらないことを、

今、どうやって外にだせばよいのか、手段がない状態になっている。

 

誰かが、

同人誌を書くのも、彼氏が欲しいのも

結局は承認欲求を満たしたいだけという旨のツイートをしていたが、

全くそうなのかもしれない。

外に自分の感情を出してそれを他人に認めてもらう。

ツイッターは、大勢に自分の意見を認知してもらえるから

その点有効な自己表現の手段であり、承認欲求を上手に満たしてくれるのかもしれない。

 

今さら再開したところで気まずいし、

じゃあ鍵付きアカウントでやるとか

新しいアカウントを作り直すってのは

おそらく承認欲求が満たされないからダメ。

 

ツイッターをやめるんじゃなかったと少し後悔する瞬間である。

 

自分の感情考えを自分の言葉で書いていた時は

まだなんとなく考えが自由だった気がする。

小説や漫画を読んで世界が広がるって話を聞いて、

昔の自分はそうだったような覚えがある。

いまさらどうしようもできないことが多い。

 

時間の使い方が下手なのか、

もうどことも手を切れない状態が少し辛く感じる。

 

ふうと一息入れる間が勿体ない。

かといって何をするでもなく時間が過ぎて

結局息抜きをした方が良いことも重々承知ではあるが

それに踏み切れない。

 

自分の中にスケールを持たない人間は表現者になれない。

 

全くその通りだ。

ある程度は自分で検証して判断しないと、

今後何も生まれない。

何が目標かと言われれば、

極論、真理の探究なのだから

真実は何なのか、求めないといけない。

何も生み出せない。

深く、独自の視点で。

あと4年半。

 

 

談話かあ

論文を1つ読んだのでとても疲れた。

談話管理理論の方が扱いやすいのかもしれないと思い始める。

対人関係を念頭に置かない方が良いのかなあ。

 

帰ったら

学部の授業課題

⬇︎

文字おこし

⬇︎

認知論文よみたい

 

明日は朝のうちに学会応募の内容をまとめる

 

そんなもんかしら

思うところ

思うところがいろいろあるときもある。

割とスランプというか、やる気ないのは終わった気がするんですけど、

なんというか、ね、

人と話すのが少し億劫になる。

 

熱が違うとき、たぶんしんどいときで

多分それは自分にも他人にも言えること。

 

自分が冷めてて、相手に熱があるとき

相手が冷めてて、自分に熱があるとき

書いてて思ったけど、これが温度差ってことか

やっぱりどうしても正当化したくて

自分をどうしても正当化したくて

言い訳をしてしまう

自分が熱い側のときも、冷たい側のときも

 

気を付けないといけないのは熱い側のときで

冷たい側のことを理解しようとしないといけない。

これは自分への戒め。

昔、嫌いなコーチが体は熱く心は冷静にって言ってたけど

まさにそれなんだよな。

熱心に取り組むけど、冷静にならないといけない。

熱いだけで相手にあたってはいけない。

それが許されるのは多分子供のときだけ。

自分が熱中してて、相手が熱中してないとき

それは別に相手に非があるわけではなくて

それぞれの違いだって認めないといけない。

今たぶん保身に入ってるからこういう風に書いてるんだと思うけど

つまり言い訳なんだけど、

でも私は、温度差を頑張って認められるようにしときたい。

 

 

ちなみにあの時、どうしてほしかったんだろうか

「どうして行かないの?」が「行けよ」の意味を持つのはなぜ?

疑問表現だけど、別に答えが知りたいわけじゃなくて

だから、教室談話っぽさもない。

質問-応答の隣接ペアが成り立たない例。

サールの適切性条件のうち、(命題内容条件、準備条件、誠実性条件、本質条件)どれを質問してるんだろうか。

準備条件は違う

誠実性条件かな、意図に関することを聞いてるから。

ここでの好ましい答えは?

はい?

すいません?

うーん今日の練習、録音しておけば良かった...

怒りとか叱るとかの談話分析ないよね

多分無意識に発話してるはずだから本質的なところに迫れそう。

怒りを相手に伝えるってどういうことなんだろう。

 

考え飽きてしまったので

ポライトネス読んで帰ろうかな

 

 

やる気がながらなく出ていない

やる気が出ない。

 

ずっとやる気が出ていない。

 

前は研究に対してだけだったけど、

最近は作業まで億劫になってきてしまって、

やるべき最低限のことができてない現状。

 

研究、向いてないのかな。

 

今やってること、しっかり修論かけたら

やめるのもありかもしれない。

修論までてしっかり分析して、

ある程度できたらいったん離れてみてもいいかもしれない。

 

休みすぎて、もう休めない

始めないと間に合わないのに

始める気がないから進まない

 

期間きめてやりたいな

今日

今日7/10

朝起きて用意して学校に行き、図書館で言語コミュニケーションと労働についての本をざっと読み。次いで認知コミュニケーションを読もうとしたら時間切れで、お昼を10分で食べて3限へ。内の連帯修飾節についての日中対照だったけど、見せ方とか基礎研究に対しての考え方とか色々考えないといけないなと思った。専攻によって留学生の日本語レベルも少し違ってる印象もあった。4限はポライトネスをまとめて、途中で小腹が空いたのでスタバのお昼を買いに、また戻ってポライトネスまとめてたら時間ギリギリになってたので急いで5限へ。思いがけず発表することになったけど、やっぱり話すのが下手だった。もうすこし全体から話せば良かった。終わってゼミで発表を聞いて、終わって中華を食べに行き、研究室でまたポライトネスをまとめて、留学生の発表チェックなどをして帰宅

もうただの宣言なんだけど

明日は、

 

勉強会読んで

勉強会行って

ポライトネスまとめて

先行研究読んだリスト書いて

認知コミュニケーション読む

 

終わり!満点!

ダレてた

ダレてたせいで何が起きるかというと、

次のことを考えなくなる。

 

ダラダラと今やってることしか考えてなくて、

次やること、次の次のこと、その先

タスクが頭の中に入ってない

 

良くない良くない

 

7月中にやること、夏休みのことしっかり決めた上で

各週のこと決めないとなあ