さけログ

大学院にて言語学をしてみむとてすなり。談話分析、認知文法、言語運用、色んなものを半かじり

自戒を込めて、参考文献リスト

圧倒的に未読が多い。

どうしても認知言語学から離れられないのがねえ...

談話分析と認知言語学はどうしてもごっちゃにはできないし、ただどこかで折り合いをつけたいなと思う、

 

【談話分析】

久野暲(1978)『談話の文法』大修館書店

佐久間まゆみ・杉戸清樹・半澤幹一(編)(1997)『文章・談話のしくみ』おうふう

佐久間まゆみ(編)(2003)『朝倉日本語講座7 文章・談話』朝倉書店

砂川有里子(2005)『文法と談話の接点:日本語の談話における主題展開機能の研究』くろしお出版

メイナード,泉子・K(1993)『会話分析』くろしお出版

メイナード,泉子・K(1997)『談話分析の可能性:理論・方法・日本語の表現性』くろし お出版

メイナード,泉子・K(2004)『談話言語学:日本語のディスコースを創造する構成・レト リック・ストラテジーの研究』くろしお出版

Halliday, M. A. and Hasan, R. (1976). Cohesion in English. Longman. ハリデイ・ハサン(著)安藤貞雄・多田保行・永田龍男・中川憲・高口圭輔(訳)(1997) 『テクストはどのように構成されるか:言語の結束性』ひつじ書房

田窪行則・西山祐司・三藤博・亀山恵・片桐恭弘 (1999)『言語の科学7 談話と文脈』岩 波書店

ザトラウスキー・ポリー(1993)『日 本語の談話の構造分析-勧誘のストラテジーの考察-』くろしお出版

日本語記述文法研究会(2009)『現代日本語文法7(第12部・第13部)  談話・待遇表現』

 東京:くろしお出版

ペネロピ・ブラウン、スティーヴン・C・レヴィンソン(2011)『ポライトネス 言語使

 用における、ある普遍現象』田中典子 (監修, 翻訳) 東京:研究社

 

【認知文法】

池上嘉彦、河上誓作、山梨正明監修. シリーズ認知言語学入門. 大修館書店.

第 1 巻. 辻幸夫編 (2003)『認知言語学への招待』

第 2 巻. 吉村公宏編 (2003)『認知音韻・形態論』

第 3 巻. 松本曜編 (2003)『認知意味論』

第 4 巻. 西村義樹編 (近刊)『認知文法論 I』

第 5 巻. 中村芳久編 (2004)『認知文法論 II』

第 6 巻. 大堀壽夫編 (2004)『認知コミュニケーション論』

佐藤信夫 (1978, 再版 1992)『レトリック感覚』 講談社. (再版は講談社学術文庫)

山梨正明 (1995)『認知文法論』ひつじ書房

山梨正明 (2000) 『認知言語学原理』くろしお出版

大堀壽夫(2002)『認知言語学東京大学出版会

 

【談話分析】

林宅男(編著)(2008)『談話分析のアプローチ 理論と実践』研究社

三牧陽子(2013)『ポライトネスの談話分析 ―初対面コミュニケーションの姿としく

 み』東京:くろしお出版

【認知文法】

本多啓 (2005) 『アフォーダンスの認知意味論:生態心理学から見た文法現象』. 東京大学出版会